logo
Home

Michecker 利用ガイド

年4月1日現在のご利用ガイド(操作マニュアル)を掲載しています。 PDFファイルを閲覧するには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。. アライド・ブレインズが開発した「全ページJIS検証プログラムAion(アイオン)」を用い、調査対象ホームページの公開されている全ページを対象に、JIS規格対応を調査した。 Aionは、総務省が開発し広く一般に無償提供しているJIS規格対応検証ツールmiChecker(エムアイチェッカー)2. See full list on a-brain.

0」「米国リハビリテーション法 第508条」をもとにしてWebページの. アライド・ブレインズ株式会社 担当:大久保 Tel:Fax: jp 〒東京都千代田区一ツ橋2-6-8 トミービル3 2階 michecker ▲ページの先頭へ. JIS X 8341-3:では、画像などの非コンテンツテキストに対して下記の基準が設けられています。 代替テキストとは、Webサイト内に含まれている画像や動画が何らかの原因で表示されなかったときや、視覚障がい者などが音声ブラウザを使用するときに読み上げをするテキストのことです。画像の場合、img要素にalt属性をつけて代替テキストを記述します。 alt属性は、画面上に表示されません。そのため、alt属性が設定されているかを確認するにはソースコードを目視でチェックする必要があります。そのような時に便利なのが、Alt属性チェック 「Alt & Meta viewer」です。 Alt & Meta viewerは、Chormeの拡張機能です。Chromeウェブストアから無償でダウンロードできます。. 01 カラー・コントラスト・アナライザー2. 都道府県 47 政令市 20 特別区 23 michecker 利用ガイド その他の市 771 全国地方公共団体コード「都道府県コード及び市区町村コード」(平成28年10月10日現在 総務省)より選定。. アクセシビリティ評価ツール(miChecker)を更新した。また、平成28()年度に全国11 地域で国の機関、地方公共団体、独立行政法人等の公的機関の職員を対象に、ホームページ等 のバリアフリー化に関する講習会を開催した。.

アクセシビリティチェックは、総務省のmiChecker ver1. JIS X 8341-3:では、ページタイトルに対して下記の基準が設けられています。 多くの音声ブラウザは、最初にページタイトルを読み上げます。タイトルが適切に設定されていない場合、音声ブラウザを利用するユーザーは、そのウェブページの主題や内容を把握することができません。 また、ページタイトルはブラウザのブックマーク(お気に入り)登録の際に使用されるため、ウェブページ毎に固有な値を設定する必要があります。 JIS X 8341-3:では、リンク切れに関する達成基準は特に設けられていませんが、リンク切れが発生しているとすべての利用者に閲覧上の支障を与えてしまいます。 これら「ページタイトルの有無や重複」「リンク切れ箇所」をチェックする際に「Website Explorer」が活躍します。 Website Explorerは、寄附歓迎のフリーソフトです。基本無償で使うことができます。. miChecker利用ガイド (PDF) (重要) miCheckerを有効に活用頂くための情報と利用方法などをまとめたガイドです。miCheckerを利用する前にお読みください。 miChecker達成基準別活用法 (PDF). アライド・ブレインズ株式会社 担当:米田、杉木 Tel:Fax: さらに追記(12月4日16:45) "ページ内にある複数のリンクテキストが同一で遷移先urlがバラバラ"、"これ 7. ウェブアクセシビリティとは「高齢者や障害者を含めて、誰もがホームページ等で提供される情報や機能を支障なく利用できること」を意味します。 障害者差別解消法(年4月施行)を踏まえ、公共機関のウェブサイトはJIS規格の基準を満たすことが求められています。また、東京オリンピック・パラリンピックの開催が間近に控える中、障害者を含めた誰もが利用可能とするための情報環境の整備は喫緊の課題です。. 0」を策定し.

0 のダウンロードページ このページから、miChecker Ver. ガイドラインは、団体がWeb(インターネット)を使って国民(利用者)に提供している情報(ウェブコンテンツ)全てがアクセシビリティ対応の対象なので、「公式ホームページ」、「観光サイト」、「施設予約システム」など全てが対象になるとガイドし. JIS X michecker 利用ガイド 8341-3:では、色覚障がい者への配慮として背景色と文字色のコントラストに下記の基準が設けられています。 コントラスト比「4. 利用者からの問い合わせを受け付けるウェブページ: miCheckerによる機械判定 ウェブページ一式がカテゴリ分けされている場合、そのカテゴリの入り口となるウェブページ(第2階層) ウェブページ一式の入り口となるウェブページ.

全ページを対象に総務省miChecker によるJIS検証を一括で実施. miraicompassって? miraicompassは学校・受験生の受験・入試をサポートするサービスです。 イベント予約・インターネット出願を中心に全国の小学校・中学校・高等学校820を超える学校で利用されています。. pdf: miCheckerの使い方をとおして、様々なユーザの利用状況や支援技術について解説。Webアクセシビリティの基礎とその重要性、法律と規格の概要もあわせて記載されている。 miChecker 達成基準別活用法. 試験における「miChecker」の利用; 動画共有サービスの動画を埋め込んだ時の試験; michecker 利用ガイド 試験を実施できる業者についての判断基準の有無; ランダムに選んだ試験対象の特徴に関する質問; 試験対象ページの選出理由の妥当性 (年版のガイドラインに関するQ&A). 年7月「WebアクセシビリティJIS規格完全ガイド」、年11月「Webアクセシビリティ完全ガイド」を日経BP社より刊行。JIS X 8341-3検討委員。ウェブアクセシビリティ基盤委員会WG1及びWG3委員。.

『年Aion全ページJIS対応調査「自治体編」』にて結果を発表しております。 michecker 総務省「みんなの公共サイト運用ガイドライン(年版)」では、各公共機関が自団体ホームページの現状や運用の事情を踏まえ改善計画を立案し実行することを求めています。 アライド・ブレインズでは、本調査により各公共機関公式ホームページで公開されている全ページのJIS対応状況を明らかにし、結果の公表、解説セミナーの実施等を通じて、公共機関ホームページのウェブアクセシビリティ向上の支援を継続しております。. 山形村ホームページでは、すべての人が見やすく、利用しやすいホームページを目指して、ウェブアクセシビリティに関する日本工業規格jis x 8341-3:「高齢者・障がい者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェアおよび. 各図書館の利用ガイドをご紹介します。 画像をクリックしてご参照ください。 また、3図書館共通の英語版利用ガイド「User Guide」もご覧いただけます。. ランダムではない方法とランダムな方法を用い、40ページを選択しています。 試験にあたり選択したページおよびページ数は、情報通信アクセス協議会・ウェブアクセシビリティ基盤委員会「jis x 8341-3: 試験実施ガイドライン〔年4月版(年4月21日公開)〕」に基づいています。. ちょっと古いですが、ウェブアクセシビリティ対応の取組みを支援するために、総務省が開発したアクセシビリティのチェックツール「miChecker」を紹介します。 このツールを利用すると各達成基準ごとの実装. 0のチェック項目と基準に準じて、公開されている全ページを一括で検証するもの。総務省が年度に実施した「国及び地方公共団体公式ホームページのJIS規格対応状況調査」に用いられたシステムである。 本調査はmiChecker2. なお、miCheckerのソースコードは、 Eclipse Public License Version 1.

ビリティ確保手順書」、「高齢者・障害者のホームページ利用確認ガイド」の付属 資料で構成されている。本体の「ウェブアクセシビリティ対応の手引き」では、 単なる用語解説にとどまらず、取組体制や実施すべき取組の概要等について説明 michecker 利用ガイド を行って. )のホームページ等が、高齢者や障害者を含む誰もが利用しやすいものとなるように、公的機関がウェブアクセシビリティの確保・維持・向上に取り組む際の取組の支援を目的として作成された手順書で、年版となる本書は、年のjis x 8341-3の改正に. 総務省では、平成13年に制定された「行政機関が行う政策の評価に関する法律」(平成13年法律第86号)に基づき、政策評価. 5:1」「3:1」と言われても満たしているかどうかを目視で判断することは不可能です。 そこで登場するのが、コントラスト比チェック「ColorTester」です。 ColorTesterは、寄附歓迎のフリーソフトです。基本無償で使うことができます。. 1万円~ 高齢者・障害者ユーザー評価. Aionは、総務省がアクセシブルなウェブの普及を目的に公開しているmiCheckerのソースコードを活用しアライド・ブレインズが開発したものです。miChecker Ver1. 0の基準により機械的な検証を実施し「問題あり」と判定された箇所について集計を行った。JIS規格に基づき人の判断を含めた確認を行った場合、本調査の結果以上に問題が確認される可能性が高い。また、問題と判定された箇所には、ページの内容等を含めて人による確認を行った場合、問題がないとの判断に至るものが含まれている可能性がある。 【ウェブアクセシビリティとは】 高齢者や障害者を含めて、誰もがホームページ等で提供される情報や機能を支障なく利用できること。ウェブアクセシビリティ配慮の. jp/aion/)にて、Aion及び改正JIS対応に関わる様々な情報を提供してまいります。アライド・ブレインズでは、今後も、総務省「みんなの公共サイト運用モデル(年度改定版)」に基づいた改正JIS対応の普及・啓発、実践のご支援を通じて、すべてのサイト利用者の利便性向上に貢献してまいります。 【アライド・ブレインズ株式会社について】 調査・コンサルティングファーム。アクセシビリティを中心としたウェブサイトの品質確保・向上に関し、総務省推進プロジェクト支援、官公庁・自治体・企業のコンサルティングなど多数の実績がある。 年7月「WebアクセシビリティJIS規格完全ガイド」、年11月「Webアクセシビリティ完全ガイド」を日経BP社より刊行。ウェブアクセシビリティのJIS規格(JIS X 8341-3)検討委員、総務省「公共分野におけるアクセシビリティの確保に関する研究会」運営支援。「みんなの公共サイト運用モデル」に関しては、総務省より委託を受け策定・改定支援を担当。 【ウェブアクセシビリティについて】 高齢者や障害者など心身の機能に制約のある人でも、年齢的・身体的条件に関わらず、ウェブで提供されている情報にアクセスし利用できること。ウェブアクセシビリティ配慮の基準であるJIS X 8341-3:が年8月に改正公示された。特に、官公庁や自治体をはじめとする公的機関のホームページは、総務省が年度に発表した「みんなの公共サイト運用モデル」に示された期限を目安に、JIS X 8341-3:に対応することが求められている。 【総務省「miChecker」について】 総務省が開発し広く一般に無償提供している改正JIS対応のウェブアクセシビリティ検証ツール。年には総務省より全国自治体に配布された。1ページずつ検証対象―ページを設定しチェックを行なう必要がある。 について】 Allied-Brains Accessibility Online。自社運営のウェブサイトを核にした、提供者と利用者の.

「miChecker利用ガイド」などの付属文書を参照しながらmiCheckerをご活用ください。 注: miCheckerを利用するためにはJava 32bit版Version 8の実行環境が必要となります。次節の手順 を参考にJava実行環境の確認・導入を行ってください。 図 michecker 利用ガイド 4. 0』の達成基準を満たすためには、スキップ. 0 (“EPL”) の下で公開されており、誰でも自由に入手し改変を加えることができますが、miCheckerのソースコードの利用目的が関連法令に違反しない様、留意してください。. See full list on asobou. 0 を検査エンジンとして開発したクラウド版の検査(試験)ツールです。 miChecker のプログラム自動検査(試験)結果に加えて当社独自の検査項目の結果をグラフや表による表示で確認する事ができます。 miCheckerのプログラム自動検査.

同時に評価ツールであるmiCheckerも、JIS X 8341-3:やHTML5に対応する形に改定・改修した。 miCheckerは、総務省のサイトからダウンロードして無償で利用できる。対応OSは、Windows 7/Windows 8. miChecker を起動. 0 (以下、miCheckerと呼びます)がダウンロードできます。. 0|総務省; 既存Webページのチェック. 「手動確認」が必要な項目を確認 他のツールやmiCheckerの視覚化結果・ロービジョンシミュレーション等を活用 しながら確認作業を実施 内容の確認: 代替テキスト、リンクテキスト、ページタイトル、利用言語 等.

クラウドBFS-Mの特徴 クラウド BFS-Mは、総務省の miChecker ver2. 【総務省「miChecker」について】 総務省が開発し広く一般に無償提供している改正JIS対応のウェブアクセシビリティ検証ツール。1ページずつ検証を行う。年には総務省より全国自治体に配布された。 総務省「miChecker」 【Aionについて】. ウェブアクセシビリティ ウェブアクセシビリティ方針. miCheckerで各項目を選択しながら確認 8.

4 だな" 7. 「Webアクセシビリティ FAQ」の「【質問】スクリーンリーダーを利用しているユーザーのために、スキップリンクは絶対に必要なの?」。結論から言うと、今後はもう実装する必要はないのかもしれません。少なくとも、『JIS X 8341-3:』や『WCAG 2. michecker 利用ガイド みんなのアクセシビリティ評価ツール:miChecker (エムアイチェッカー)Ver. この度、国(府省庁、国会、裁判所等)のホームページ50サイトの全ページを対象に、高齢者・障害者のホームページ利用への配慮(ウェブアクセシビリティ)に関するjis規格(jis x 8341-3:)への対応状況について検証プログラムを用いて調査しました。. 1/Windows 10、ブラウザはInternet Explorer 11で動作する。.

概要を表示 みんなのアクセシビリティ評価ツール: miChecker (エムアイチェッカー) Ver. 総務省は年5月31日、Webサイトのアクセシビリティ(情報へのアクセスの容易さ)を評価するためのツール「miChecker(エムアイチェッカー)」を公開した。年8月に公示されたWebアクセシビリティに関する規格「JIS X 8341-3:」に基づいてWebサイトをチェックし、問題がある箇所を特定したり. 本調査は、自治体の公式ホームページを対象にJIS規格の適合レベルA及びAAに問題があるページ数、箇所数を機械的に検証可能な範囲で確認したものです。 自治体の公式ホームページの全ページ(全HTMLファイル)に対して、問題のあるページの割合を集計すると、44. 2を検査エンジンとして開発されており、Webアクセシビリティガイドラインの「日本工業規格JIS X 8341-3:」「W3Cスタンダード(WCAG) 2. (出所:miCheckerの「利用ガイド」) 画像のクリックで拡大表示 総務省は年4月20日、Webサイトのアクセシビリティ(情報へのアクセスのしやすさ)を評価するツール「みんなのアクセシビリティ評価ツール:miChecker(エムアイチェッカー)Ver.

miChecker 利用ガイド. miCheckerは、総務省が開発し広く一般に無償提供しているJIS X 8341-3:対応のウェブアクセシビリティ検証ツールです。年に総務省より全国自治体に配布されました。 Aionは、1ページずつチェックを行なう必要があるmiCheckerによる検証を、公開されている全ページを対象に一括で実施します。. 総務省miCheckerの基準による全ページ検証、職員研修等を毎年に実施する団体向けに特別価格提供。 【成果物】検証報告書/職員研修資料 【金額】8. JIS X 8341-3:に対する検証を網羅的に行う際に必要なのが、総務省が開発し、無償で提供している「miChecker」です。 miCheckerダウンロードページ miCheckerは、JIS X 8341-3: の達成基準や実装方法に対して、対象のWebサイトを機械的にチェックし問題箇所を指摘してくれるツールですが、すべての検証を機械的に行うことはできません。 JIS X 8341-3:に基づくアクセシビリティ試験は、人による確認や判断が必要な検証項目が多くを占めます。 miCheckerは、機械的に判断できる問題箇所の指摘と、人が確認しないと判断できない箇所を指摘する「アドバイザー」的な役割を果たしてくれるツールです。. 09%でした。 各団体の調査結果は、情報提供サイトA.



Phone:(238) 848-8735 x 2838

Email: info@qlzi.iakita.ru